萌え萌えお役立ち情報

福岡のメイドカフェ・コンカフェで遊ぼう!

メイドカフェの正統派?! 福岡県で純粋な萌え萌え体験ができる「めるドナ」さん体験レポ!【人気】

みなさんこんにちは。 萌えライターのたくにゃんです。

今日はみんな大好き!福岡市の正統派メイドカフェ

 

めるドナさん

 

で遊んでまいりましたので、さっそく萌えレポしていきたいと思います。

 

 

おかえりなさいませ、ご主人様!

福岡のメイドカフェ、めるドナさんまでの地図

めるドナさんまでの萌えマップ

めるドナさんが位置するのは天神横丁ビル3階。ビルは天神駅から渡辺通り経由で徒歩約5分の場所にあります。

お車でお越しの場合、都市高速を天神北で降りた近辺に駐車場がいくつがございますので、そちらに駐車されるとよいでしょう。

駐車場がある区域からあめ買い寺通りをまっすぐ進み、天神横丁の通りに出たら左折すると天神横丁ビルが見えてくると思います。
ビルの入り口にめるドナさんの萌え萌えでかわいい看板がでていますので、それが目印です。

階段を上がると超絶かわいいポスターが貼っていますが、実際の入り口は階段を上がって左折したところにございます。
入り口ドアを開いて左側が店内、右側がお花畑(お手洗い)になります。

店内に入るとメイドさんがかわいくご案内してくれます。
ベテランコンカファーになってもこの時ばかりは新鮮なトキメキを感じるもの。

それはどこか・・・。

 

同じクラスでずっと気になっていたあの子。

最初はなかなか話しかけられなかったけど、

何気ない挨拶から始めていつしか会話の回数も増えて、

一緒に下校するようになって、最近はLineも交換できた。

勇気を振り絞って告白しようと、

放課後の教室で待ち合わせ

今日こそゼッタイ、「好きです!」って言おう

約束の時間まであと・・・1分

まだかな・・・。

その時、ドアを開ける音が静かに鳴り響く
(ガラガラッ!!)

あっ

「ごめん、待った?」

 

の時の感情に、どこか似ています。

 

イベントコスのニューウェーブ?!そのなも「TAXI DAY」

この日はイベントデーということで、メイドさんたちが特別衣装でお給仕をされていました、それも

TAXI DAY

これまでいろんなコンカフェのイベントを観てきましたが、

まず前例がありません!


ホントにこれは斬新なテーマだなと驚きました。
このトリッキーかつクールなテーマ、考案された方はなかなかのセンスの持ち主だと思います。

衣装は黄色を基調としているもので、アメリカ合衆国で運用されているタクシーがモチーフのようです。
洋画によく登場するあの黄色いタクシー。主にニューヨークで走っているもので、チェッカーキャブと呼ばれています。年間の利用回数はなんと2億回以上!チェッカーキャブの活躍すごすぎ!!

ご案内をしてくれたのはキラキラ感たっぷりのメイドさん、みつきちゃん。
メニューやシステムの説明をしていただいたのですが、これがとても丁寧でわかりやすい!おかげで秒で把握できました!

 

めるドナさんシステム
  • 60分毎の1オーダー制
  • 1オーダーは600円以上のフードメニュー
  • サイドメニューは1オーダーとならないため、600円以上のメニューと組み合わせ

 

せっかくなので、イベント限定メニューをオーダー。
なかでもこの日、とても暑かったのでどうしても食べたかったのがこちら

 

 

冷やしトマトラーメン

麺は冷やし中華でよくある細くてもちもち感のあるタイプ。トッピングはスライストマトとベビーリーフとなっており、冷やし系メニューのコンセプトに沿ったライトウェイトな食材をベストチョイス、かつ無駄のない構成となっています。
スープはトマトの甘みと旨味を両立させた味わい深いテイスト、そこにバジルのスパイスが加わることで全ての良さをまとめ上げた、完成度の高い一品でした。

 

 

トマトといえばリコピン。
リコピンには強力な抗酸化作用があるため、動脈硬化予防や血糖値を下げる働きがあり、生活習慣病予防に良いとされています。
健康面でもおいしい、優勝メニューですね!

 

ドリンクも限定メニューが用意されていたので、オーダーしてみました。
メイドさん担当カラーの特性ドリンク、その名も「メイドリンク」

絶対推しのカラーをオーダーしたいテンアゲメニューですね!
お給仕していたみつきちゃんと、さよちゃんのメイドリンクをおいしくいただきました。

 


まずはみつきちゃんの特性ドリンク

快晴の大空のような、さわやかブルー、暑い日に恋しくなるカラーですね。
味もとってもオシャレで、なんだかみつきちゃんの気持ちのようなドリンクでした。

 

 

お次はこちら、さよちゃんの特性ドリンク。
ねこちゃんが好きなメイドさんで、担当カラーは「おつきさま色」
南国イメージなトロピカルテイストで、しかも衣装にぴったりのカラー!ステキです。

 

ちなみに萌えFUKUOKA中の人、何故か学生の時に2種免許が欲しかったのだとか。
今ではそんなことはないのですが、なんであの時2種とか欲しかったんだろ。

あと、告白はフラれた回数ならそこそこ自信ありますwww

 

シンプルという美学

メイドカフェというと、メイドさんがオムライスにお絵描きしてくれて、記念にチェキを撮って・・・というイメージが一般的かと思います。

TVドラマでメイドカフェが登場するときなど、イメージとして描かれる場合もそうした描写がほとんどではないでしょうか?

そしてめるドナさんはそうした「みんながよく知ってるメイドカフェ」そのものなんです。

「メイドカフェ」というだけで大半の人、とくにビギナーさんにとっては世界が180度ひっくり返るくらいの冒険です。
しかしそれが「どこかで見たことある」というのであれば、それだけで安心感が生まれます。

メイドカフェは、メイドさん達と楽しく過ごす場所。
緊張感なんて、かわいいメイドさんへのドキドキさえあれば十分です。

馴染みやすいという他にも、めるドナさんだからこその魅力はあります。
それは「萌えベース」ということです。

「それって、他のメイドカフェもそうなんじゃないの?」

確かにそうなんですが、めるドナさんの場合はより純粋に「萌えベース」なんです。

めるドナさんはメニューもお食事やチェキといった、かなりシンプルな構成になっています。
ですが、「オムライスにケチャップでお絵描きしてほしい」「おまじないしてほしい」といった、全オタクの強いニーズにはしっかりと応えてくれています。

またこれは次回チャレンジしたいことなのですが、めるドナさんはオムライスだけではなく、ホットドリンクにもお絵描きをしてくれるそうなのです。
ラテの表面にシロップ等で絵を描くなんて相当器用でないとできないはず。
学生時代にデザインを専攻し、デッサンの成績は学年トップだった僕でさえ、多分チャレンジしたら何度もミスると思います。

店内もさほど広いというわけではありません。それでも床のタイルやカーテンを萌え萌えなピンクでコーディネートしたり、フィギュアを飾ったりと「メイドカフェらしいインテリア」が幾多となされているのです。

めるドナさんの工夫にはどれも、気持ちが込められているんです。
すべて「楽しんでほしい」「もっとかわいく!」といったための工夫なんです。

施された工夫の数々が「萌え萌えにしたい」という気持ちを物語っています。店内を見回しただけで感じられます。

「最初に、萌えありき」


強く純粋な萌えというのが、めるドナさん最大の魅力なのではないでしょうか?

 

みんなが憧れる、純粋な「萌え」

随分前よりめるドナさんは気になっていたのですが、その理由の一つとして「純粋」というイメージがあったんです。

福岡県内に限らず、日本には無数のメイドカフェ・コンカフェが存在します。「メイドカフェ」に絞ってもキャピキャピ系もあればクラシックメイドもあり、方向性は多岐にわたります。
ましてや「コンカフェ」ともなれば、その分岐は膨大なものになります。ジャンルも職業なのか世界観なのか、はたまたその両方という場合もあり、「店の数だけジャンルがある」といっても過言ではありません。

勿論、選択肢が広い分いろんな萌えを体験できるので、それはうれしいことでもあります。

しかし、それは「スタンダード」があるからこその「アレンジ」なわけで、何に関しても基準的なものはあった方がわかりやすいのです。

どこまでも「純粋な萌え」のかたちとなっているめるドナさんは、「萌えそのもの」といってもよいでしょう。
純粋だからこそ目指す先に限りなく近い存在ですし「萌え萌えしたい」というオタクさんの気持ちにもダイレクトなんですね。

それは僕にとっても同じでした。

めるドナさんの店内に入ったとき「かわいい」「萌え萌え」といった気持ちのほかに、どこかしら「なつかしさ」もありました。

それはいつの日か、初めて「メイドカフェに行ってみよう!」と思ったあの日を思い出させてくれる感情でした。

フリフリの衣装を着たメイドさんに初めて会う時の甘酸っぱい緊張感は、オタクさんであれば何時だって感じていたい気持ちのはず。

それを鮮明かつ美しく思い出させてくれる、めるドナさんはまさに「メイドカフェの原点」のような存在でした。

 

いかがでしたでしょうか?
気軽に通って、そして安心できる。そんな「オタクに優しいメイドカフェ」
めるドナさんにはそんな、温かみのある魅力がいっぱいだな、と思いました。
純粋にメイドカフェを愛するオタクさんには是非ともおススメです!

 

めるドナさん公式情報はコチラ

 

めるドナさん Webサイト

www.if-cafe-merudona.com

 

めるドナさん Twitterアカウント

twitter.com